医療レーザー脱毛とは

典型的なAGA症状について説明いたします。

こんにちはヘアケアクリニック六本木です。
本日はレーザー脱本日は医療レーザー脱毛とその他の脱毛についてご説明したいと思います

医療レーザー脱毛とは? エステの脱毛との違いは?

医療レーザー脱毛とは医療機関でのみ行うことができる医療行為です。
高出力の医療用レーザーを用いて毛母細胞を破壊することで、脱毛を行います。
特徴としては、毛母細胞を破壊しているので、照射箇所から毛は生えてきません。 一方で、エステサロンなどで提供されている脱毛は組織レベルから完全に脱毛を行うわけではありませんので、毛は再生してきます。
よって、一見するとエステサロンなどで行われている脱毛は安価である一方で
トータルコストや手間の観点では、医療レーザー脱毛はことが多いです。

  1. トータルコストが安い
  2. 永久脱毛のため周期的に通う必要がなくなる

医療レーザーを照射は肌に悪い?

レーザーを肌にあてるなんてなんか肌に悪そう…と思われがちですが。
体に害を与えることはなく、まれに照射熱による軽微な熱傷が発生することはありますが、それらが原因で肌の調子が崩れることはありません。
むしろレーザー治療自体は美肌の治療にも使用されており、レーザー照射が肌のハリや透明感をアップするという報告もあります。

自己処理はだめ?

またムダ毛を自身で処理を行っている方も少なくないと思います。
ただし、自己処理は
1.肌荒れ
2.感染症
3.埋没毛
などのリスクが定期的に発生し、自己処理ではその周期もはやいです。
そこで、どうせなら処理頻度が多い部位などはさっさとやってしまうということで、レーザー脱毛を検討される方も多いです。

まとめ

  1. 医療レーザー脱毛は永久脱毛なのでトータルでは安価
  2. エステや自己処理での脱毛は永久脱毛ではないので定期的に処理が必要
  3. レーザーが肌に悪影響を及ぼすことはない(軽微な熱傷を除く)

RECOMMEND PLAN

最近の記事

  1. 典型的なAGA症状について説明いたします。
  2. 将来薄毛になりやすい方を遺伝的な要因から解説いたします。
  3. 中長期におよぶAGA治療はいったいどれほど時間がかかるのかを解説いたします。
  4. 将来薄毛になりやすい方を遺伝的な要因から解説いたします。
PAGE TOP